2016 26/07

切手と言えば、郵便局で売られているものという印象が強い方が多いのではないでしょうか。

しかし、昔から郵便局だけではなく文房具や食料品を取り扱う商店などでも扱われていました。

郵便のマークを店の前にかかげているので、意外にも思った経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

そのため、現在では切手の売り場として、多くのコンビニでも販売しています。

コンビニの前でも郵便のマークを見かけたという方も多くいるでしょう。

しかし、一般的にコンビニでの販売に馴染みがない方は、切手が欲しい時にも売り場として思いつかないのではないでしょうか。

例えば、郵便局の窓口の業務が行われていない土日や祝日では、切手を入手できないので平日まで待っていたという経験がある方も少なくないでしょう。

しかし、現在ではほとんどのコンビニで切手も取り扱われているので、とても便利に利用することができるので、平日まで待たずに購入することももちろん可能です。

コンビニで扱われていれば、最寄りにある店舗ですぐに入手できるというメリットもありますし、買い物のついでに立ち寄った時に入手しておけば、後は投函を済ませるだけになるという手軽さも兼ね備えています。切手の売り場はコンビニでも販売しているのですが、コンビニで売っている切手の種類で主なものは、52円、82円が多くなっています。

そのほかには、消費税増税後に不足分として貼られることが多くなった 1円や2円などの額面ももちろん取り扱っています。

しかし、利用する方の多いのは、一般的な52円や82円が大半となっています。

郵便局の窓口が閉まっている土日や祝日でもコンビニで切手を入手できるので、急いで投函したいときにも便利です。

これまで、コンビニで扱っていると知らなかった方も、郵便局の窓口が開く平日まで待つことなくコンビニで買えるのでとても便利になるのではないでしょうか。

しかし、郵便局で販売している切手の売り場として行っているコンビニの業務ですので、大量の切手が欲しい場合やさまざまな額面で欲しい場合には、すべてに対応できるとは限りません。

こうして考えてみると、コンビニで入手するときには一般的な郵便物に関して少数で送る場合に適しているといえるのではないでしょうか。

コンビニでは、額面もある程度はそろえられていると考えられるので、よほど大量に入手したい場合でない限り対応できると考えてよいでしょう。

また郵便局が営業していても、最寄に見つけられない場合にはコンビニを探せば売られているので、急いで見つけることができるので大変便利です。

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>